介護福祉科には県の学費サポートがあります!


少子高齢社会の日本では、介護福祉士が求められています。

各都道府県で介護福祉士を志す人を支援する修学資金制度が設けられています。この制度を活用すると学費の自己負担を大きく減らすことができます。しかも、県内で5年間継続して介護職として働くと返還が免除されます。

詳しくは県社会福祉協議会へお問い合わせください。